バストデリヘル

県外の友人が霞ヶ浦でバス釣りをしたというので、湖の近くに2名分の宿をとりました。
バス釣りをしない人には馴染みのない湖かもしれませんが、知る人ぞ知るなのです。
毎年バスプロの大会が行われるほど有名なところなんですよ。

ここ土浦から一望できるホテルが結構あるのですが、中でも特に景色が良い宿にしてみました。
なんでかというと、もうお分かりですね・・・。そう、デリヘルを呼ぶからなんですwww
風俗好きの友人は土浦のデリヘルのレベルが高い!と豪語していましたので、相当なものなんでしょう。
今回、女の子選びは全面的に任せることにしました。

友人の目はかなり肥えていますので、可愛い子が来ることを期待しつつ、友人と合流して夕食を食べていました。
いい感じに酒が回ってきて、明日は釣りで朝早いしそろそろデリヘルでも呼びますか!となりました。
私は友人に大体の好みを伝えると、持ってきたPCで何やら検索しているようだった。
待つこと15分・・・。

「何分がいい?」

と聞かれたので、ベーシックに90分と伝えた。
早速自分の部屋に戻り、女の子を待っていると、ドアから「コンコン」とノックをする音が聞こえました。
心臓がバクバクいって、今にも口から飛び出してきそうな程楽しみです。
恐る恐るドアを開けてみると、そこにはスレンダーでロン毛の女の子が立っていました。
部屋に入るなり顔を見ると、とても美人で驚きました。
そしてとてもいい匂いです・・・。

この瞬間、私は彼女の虜になってしまったのです。
話す声質はちょっと低音で、逆に堪らないです。スレンダーな家系ですが、胸はむっちりとはち切れそうな感じで、早く揉みしだきたくてウズウズしてきます。
そして特筆すべきはくびれです。
ウエストは細いのですが、腰回りは見事な感じで、お尻も大きく本当にエロい体。
友人に感謝するしかありませんね。

最初は色々と世間話をしていましたが、だんだんと2人の距離が近くなり最終席にはディープキスをしていました。
こうなればもう止まりませんよね。
私は、キスをしながらきている服を一枚ずつ剥ぎ取っていきます。
ブラとパンティーだけの姿になってしまった彼女は、どこか恥ずかしげな様子。私は御構い無しにキスを続けます。
ブラ越しに乳首あたりを刺激すると、ビクビクビクッと小刻みに震えます。
ホックを外し、直に胸を揉んでやると、ため息のような声が漏れました。
私はそれに興奮してしまって、乳首を吸ったりベロベロ舐めたりして、2人はもう興奮状態でした。
パンティの割れ目部分あたりをなぞると、「あっ、ううっ・・・。」といやらしい声が漏れました。
堪らなくなり、私はパンティーをずらしていやらしい音を立ててクンニを行いました。
ジュルッジュルッとクリを吸うと、快楽でみるみる女の子の顔がだらしなくなってきます。
10分ほど続けてしていると女の子はとうとうイってしまいました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*