土浦の刺客

霞ヶ浦が一望できる土浦のホテルで、友人にデリヘルを選んでもらった結果の話の続きです。

私もやりっぱなしでは面白くないので、彼女から攻めてもらうことにしました。
仰向けになると、彼女は耳元からうなじにかけて唇を這わせてきました。その流れで時々キスをしてくれるのですが、それがまた良いのです。
そのキスは徐々に下半身へと進んでくわけですが、途中の乳首舐めは絶品でした。
舌先でコロコロと乳首を転がせたと思ったら、乳輪をベロベロとワイルドに舐めてきます。
私はこの瞬間に「この女すごい!!!」と確信しましたねwww

そして最終到着駅の股間になるわけですが、それがまたすごいテクニックでした。
最初は普通な感じでフェラをするのですが、徐々に鬼頭を中心に攻めてきます。
カリの部分を入念に舌でローリングフェラ。それがとても気持ちよくて、気をぬくとすぐにイってしまいそうになります。
同時に空いた手でタマタマを刺激します。
ああ、このまま口の中でイきたいと何度思ったことでしょうw
流石に我慢しましたが、本当に紙一重だったことを覚えています。

私はそのまま手コキをされたのですが、今までのデリヘル人生の中で一番と思えるぐらい快感を味わいました。
後半はローションをたっぷりと付けての両手フェラ。
私の竿はどうなってしまうんだと思いましたねw

そして次は以前からしてみたかったパイズリです。
(パイズリとは、竿を胸に挟んでユッサユッサと胸を揺らして快感を得る行為のことです)
なかなか胸の大きな子に巡り会えなくて、やっとチャンスが回ってきたのです。
胸の谷間にまずローションをたっぷりとつけて、人肌になるように温めます。
竿を挟んで腰を振ると、えもいわれぬ不思議な快感が伝わってきたのです。
あそこよりは気持ちよくは無いが、まあまあ気持ちいかな?というぐらいです。
みんさんは、この非現実的なシチュエーションに興奮するのでしょうね。
しばらくすると飽きてきましたので、いよいよ素股の時間となりました。

素股の気持ち良さって、女の子のテクニックで左右される為、とても興味がありました。
こんなに変態な彼女の素股ってどんなだろう?どれほど気持ちがいいのだろう?
私は仰向けのままでいると、彼女は上に乗ってきました。
上手に股で竿を挟み込み、腰を振ります。握る力がとても丁度良く、あたかも挿入しているかのような感覚に陥ります。
しばらくこのような体勢で動かされると、だんだんと股間が麻痺してきて、気付いた時には大量の液体がドロリと出ていたのです。
(私はこの子在籍する店の名前とこの子をメモして今でも呼んでいます。)

この後友人と会い、「すごい女が来た!」と息巻いて話しました。
さすが風俗の帝王です。
彼の目は確かでした。あまりにも嬉しくてこの後居酒屋へ行き、私のおごりで飲み明かしました。
彼がまた土浦へ遊びに来た際にはまた紹介してもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*