人妻風俗を知り尽くした私の体験談は一味違いますよ!

風俗は人妻にかぎる

酔った勢いでデリヘル

投稿日:2016年10月23日

緑の服を着た女性
これまでにデリヘルは利用してみたいと考えていましたが、なかなか勇気が出ませんでした。別に性経験はありましたが、それでも風俗の類は非常にハードルが高いように考えていました。で、ある日、少し酔っていました。その勢いで風俗雑誌などを見ているとムラムラしてきて、近所のデリヘルのDに電話連絡しました。特にどのような女の子を指名することはせず、ただ若い方が良いといったことを従業員には伝えました。で、約1時間程度してから女の子がやって来ました。玄関の前に立った彼女は金髪ギャルといった感じです。身長もなかなか高く、スレンダーな体型で、雑誌モデルのようにすら見えました。もちろんすぐに部屋に招き入れ、しばらくしてからプレイをお願いしました。全身リップはそこまで興味がなかったので手短に終わらせ、フェラチオと素股に時間を割いてもらいました。さすがに少しずつ酔いがさめるにつれて緊張しましたが、それでも2発射精することができたので、大満足できました。

今朝剃ってきました

夏場は露出が増える季節です。最近は男も身だしなみを異常に気にして、脱毛や痩身をする輩がいるらしいのですが、女性は昔も今も大変だと思うのです。わき毛やすね毛など、その処理にかける手間暇も大変だなぁと感じます。昨年の夏、すごく暑い日だったのですが、飲み会が盛り上がり過ぎて終電を逃し、ラブホに入ったついででデリヘルを頼んだ時の事です。来たのは自称20代後半の嬢です。何となく30代っぽく感じたので「自称」とします。暑い日だったので露出の多いファッションでしたが、ムダ毛もなく、きちんとお手入れしているようです。服を脱ぐとわきもきれいです。「わき、きれいだねぇ」「今朝剃ったの」そういってパンツをおろすと何とパイパンだったのです。「へぇー、パイパンだぁすげぇー」と驚いていると「こっちも今朝剃ったのー」との事です。なぜ剃ったのか理由が気になりますが、とりあえずプレイに入り込みました。風呂場で際どい素股をしました。パイパンなので感触が良く、病みつきになりそうでした。