フリーランスにおすすめの引越しに便利なWi-Fi10選

フリーランスにおすすめ引越しに便利なWi-Fi10選 準備編

働き方の多様化により、フリーランスとして仕事を始める人は年々増加傾向にあります。

一口にフリーランスといっても業種は様々ですが、多くの場合快適なインターネット環境を必要としているのではないでしょうか。

そこで、当記事ではフリーランスにおすすめの持ち出しや引越しがしやすい最新Wi-Fi10選をご紹介していきます。

「フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーターが知りたい」

「フリーランスにおすすめのWi-Fiはどうやって選べばいいの?」

上記のような疑問がある人は、ぜひ参考にしてください。

【この記事のまとめ】
  • フリーランスには固定回線(光回線)よりも引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiがおすすめ
  • ホームルーターは通信速度が安定しているが持ち運びしにくい特徴がある
  • ポケットWi-Fiは持ち運びやすいが、接続台数が少なく通信が安定しない特徴がある
  • おすすめの引っ越しが簡単なホームルーターはドコモのホームルーター「home5G」

それでは詳しく見ていきましょう。

  1. フリーランスには引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiがおすすめ
  2. ホームルーター・ポケットWi-Fiそれぞれのメリットとデメリットを解説
    1. ホームルーターのメリット・デメリット
    2. ポケットWi-Fiのメリット・デメリット
  3. 回線は固定回線(光回線)はフリーランスにおすすめなのか
  4. フリーランスにおすすめなポケットWi-Fiや引っ越しが簡単なホームルーターを選ぶポイント
    1. 1.データ容量で選ぶ
    2. 2.コストで選ぶ
    3. 3.回線速度で選ぶ
  5. フリーランスにおすすめのポケットWi-Fi5選
    1. 1.GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」
      1. GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」のスペック
    2. 2.楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」
      1. 楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」のスペック
    3. 3.カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi NEXT 5G X12」
      1. カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi NEXT 5G X12」のスペック
    4. 4.AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U3」
      1. AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U3」のスペック
    5. 5.THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」
      1. THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」のスペック
  6. フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーター5選
    1. 1.ドコモのホームルーター「home5G」
      1. ドコモのホームルーター「home5G」のスペック
    2. 2.UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 
      1. UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 のスペック
    3. 3.ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」
      1. ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」のスペック
    4. 4.カシモ WiMAXホームルーター「L13」
      1. カシモ WiMAXホームルーター「L13」のスペック
    5. 5.楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」
      1. 楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」のスペック
  7. 引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiを利用してフリーランス業務の効率化をしよう

フリーランスには引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiがおすすめ

フリーランスには引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiがおすすめ

結論から先にいうと、フリーランスにおすすめのインターネット回線は、引っ越しが簡単なホームルーターもしくはポケットWi-Fiです。

ホームルーターやポケットWi-Fiは、設置や持ち出しが容易であるという特徴があります。

ポケットWi-Fiは、その名の通りポケットに入るサイズであるため、持ち出せばカフェや図書館など場所を問わずに仕事ができます。

ホームルーターはコンセントに挿す必要があるため、ポケットWi-Fiのように気軽に持ち出しはできません。

しかし、ポケットWi-Fiよりも電波が安定しており、電源さえ確保できればどのような場所でも仕事ができる魅力があります。

作業場所にとらわれないフリーランスにとって、引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiは最適なネット環境といえるでしょう。

ホームルーター・ポケットWi-Fiそれぞれのメリットとデメリットを解説

ここからは、ホームルーターとポケットWi-Fiのメリットとデメリットについて、それぞれ解説していきます。

それぞれの端末が持つ特徴も解説していくため、ホームルーターとポケットWi-Fiの違いがわからない人もぜひ参考にしてください。

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーター・ポケットWi-Fiそれぞれのメリットとデメリットを解説

ホームルーターは、コンセントにルーターを挿すだけでインターネット回線が使えるようになる機器です。

引っ越しが簡単な特徴があり、場所を選ばずに仕事をしたいフリーランスの人にはホームルーターがおすすめでしょう。

ホームルーターの中にはデータ通信専用のSIMが入っており、モバイル回線を用いて通信しています。

そのため、光回線のように回線工事を行う必要がなく、手軽にインターネット回線が利用できるのです。

それでは、ホームルーターのメリットとデメリットを確認していきましょう。

【ホームルーターのメリット】
  • 回線工事の必要がない
  • ポケットWi-Fiよりも通信速度が安定している
  • 同時接続台数が多い
  • 設置や設定が簡単
  • 引っ越し先でもすぐに利用できる
【ホームルーターのデメリット】
  • ポケットWi-Fiのように持ち運びができない
  • 電波に左右される

ホームルーターはモバイル回線を用いているため、電波に左右されるケースがあります。

契約する通信事業者によっては、電波が良くない場所では通信が不安定になるリスクもあるため、通信事業者や設置場所は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

次に、ポケットWi-Fiの特徴とメリットとデメリットについて解説していきます。

ポケットWi-Fiは、ホームルーターと同様に工事不要でインターネット回線を利用できます。

ホームルーターとの最大の違いは、持ち運びがしやすいかどうかです。

ホームルーターはコンセントが必要である一方で、ポケットWi-Fiは充電さえすればコンセント不要でどこへでも持ち運べます。

出先やカフェなどで仕事をしたいフリーランスの人には、ポケットWi-Fiがおすすめでしょう。

以下にポケットWi-Fiのメリットとデメリットをまとめました。

【ポケットWi-Fiのメリット】
  • 工事不要でインターネット回線が使える
  • 持ち運びしやすい
  • 月額料金が安い
【ポケットWi-Fiのデメリット】
  • 通信が不安定
  • 同時接続台数は5〜10台程度
  • 機種によっては通信制限がある

ポケットWi-Fiは比較的リーズナブルな価格で利用が可能です。

しかし、ホームルーターと比較すると通信が不安定で同時接続台数は少ないという特徴があります。

一度に複数台の端末をインターネット回線に繋げたい人には、ポケットWi-Fiよりもホームルーターがおすすめです。

回線は固定回線(光回線)はフリーランスにおすすめなのか

回線は固定回線(光回線)はフリーランスにおすすめなのか

引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiは、フリーランスにとって大変魅力的です。

しかし、その一方で「ネット環境がWi-Fiだけなのは少し不安」と感じる人もいるのではないでしょうか。

趣味でインターネットを使う場合には、Wi-Fiで十分です。

しかし、Wi-Fiが止まって仕事が中断されるリスクを考えると、通信速度が安定した固定回線も捨て難いと考えるのは当然でしょう。

固定回線は通信が安定しているメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。

下記にデメリットをまとめました。

現在固定回線とWi-Fiで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

【固定回線のデメリット】
  • 初期費用がかかる
  • 持ち出しができない
  • 月額料金が高い
  • 回線工事まで時間がかかる可能性がある
  • 工事に立ち会いが必要

固定回線最大のデメリットは、インターネット回線が開通するまでに時間とお金がかかることです。

開通してからの月々のコストも高く、経費をなるべく抑えたいフリーランスの人には不向きといえるでしょう。

下記に固定回線とホームルーター、ポケットWi-Fiの比較をまとめました。

それぞれの回線の特徴が一目でわかるため、ぜひ参考にしてください。

固定回線とホームルーター、ポケットWi-Fiの比較
固定回線ホームルーターポケットWi-Fi
通信速度
(速い)
⚪︎
(それなりに速い)
△〜⚪︎
(ものによって速い)
月額料金
(月額5,000〜6,000円前後)
⚪︎
(月額4,000〜5,000円前後)

(月額3,000〜4,000円前後)
回線開通までの時間×
(最大2ヶ月程度)

(申し込み最短当日に発送)

(申し込み最短当日に発送)
連続使用可能時間
(無制限)

(無制限)
⚪︎
(10〜20時間程度)
設定方法⚪︎
(普通)

(簡単)

(簡単)
端末の持ち運びやすさ×
(持ち運び不可)
⚪︎
(電源のある場所なら持ち運べる)

(どこへでも持ち運べる)

上記からもわかるように、フリーランスにとっての固定回線の魅力は通信速度のみに留まります。

数十ギガバイトの大容量ファイルを日常的に送信する、もしくは映像クリエイターでない限りは固定回線にこだわる必要はないでしょう。

フリーランスの仕事のスタイルにもよりますが、作業場所にとらわれたくない人、インターネット環境を整えたい人にはホームルーターやポケットWi-Fiがおすすめです。

フリーランスにおすすめなポケットWi-Fiや引っ越しが簡単なホームルーターを選ぶポイント

フリーランスにおすすめなポケットWi-Fiや引っ越しが簡単なホームルーターを選ぶポイント

一口にホームルーターやポケットWi-Fiといっても様々な種類があるため、どれにすれば良いか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。

この項では、フリーランスにおすすめなWi-Fiを選ぶためのポイントを解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

【フリーランスにおすすめなWi-Fiやホームルーターを選ぶポイント】
  • データ容量で選ぶ
  • コストで選ぶ
  • 回線速度で選ぶ

それぞれのポイントを詳しくみていきましょう。

1.データ容量で選ぶ

フリーランスにおすすめなWi-Fiを選ぶ上で、データ容量は非常に重要です。

ポケットWi-Fiやホームルーターを選ぶ際には、月々どの程度のデータ容量が必要かを考えてみましょう。

無制限のデータ容量が必要な場合には、「ドコモのhome5G」WiMAXなどがおすすめです。

しかし、その一方で月に100GB程度のデータ利用であれば、クラウドSIMを選択した方がコストを抑えられるでしょう。

2.コストで選ぶ

高速通信を売りにしているドコモのhome5GやWiMAXなどの Wi-Fiは、平均して月額5,000円前後のコストがかかります。

光回線の月額料金には及びませんが、できる限りコストを抑えたい人はリーズナブルなクラウドSIMがおすすめでしょう。

しかし、安さのみで通信事業者を選択するのは失敗の元です。

通信速度や回線の安定さ、月額料金の全てを加味してコストパフォーマンスの高い通信事業者を選ぶようにしましょう。

3.回線速度で選ぶ

回線速度で選ぶなら、最大4.2Gbpsの高速回線を提供しているドコモのhome5GもしくはWiMAXがおすすめでしょう。

最大4.2Gbpsという回線速度は一般的な光回線よりも早く、フリーランスとして動画編集を行う人でも十分に快適な作業ができる速度です。

具体例を挙げるとオンラインゲームの大容量データダウンロードに必要な回線速度が50Mbps、4k動画を視聴する際の推奨回線速度が20Mbpsであるため、最大4.2Gbpsは充分な速度でしょう。

もちろん回線速度の最大値と実測値は異なりますが、最大で4.2Gbpsの速度が出ていれば、大抵の作業はこなせます。

フリーランスにおすすめのポケットWi-Fi5選

フリーランスにおすすめのポケットWi-Fi5選

初めにフリーランスにおすすめのポケットWi-Fi5選をご紹介します。

下記におすすめの最新ポケットWi-Fiをまとめました。

【おすすめのポケットWi-Fi】
  • GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」
  • 楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」
  • カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」
  • AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U2s」
  • THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」

ホームルーターと同様に料金プランや特徴、キャンペーンについて詳しくまとめているため、お得にWi-Fiを手に入れたい人はぜひ参考にしてください。

1.GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」

GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」

高速回線を快適に利用したい人は、GMOとくとくBB WiMAXのSpeed Wi-Fi 5G X12がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXのSpeed Wi-Fi 5G X12は、ポケットWi-Fiの最大のデメリットである通信の不安定さがなく、場所を問わずに快適に利用できます。

WiMAX+5Gではauの4G回線に加えて5G回線も使えるようになったため、従来よりさらに高速回線が利用できるようになりました。

さらにデータ容量は無制限であるため、まるで光回線のような感覚でポケットWi-Fiを利用できるでしょう。

端末代が27,760円かかる点がネックですが、36回払いにすると一月あたり770円です。

端末代は1年間GMOとくとくBB WiMAXを利用すると、30,000円キャッシュバックという形で還元されるため、実質無料といえるでしょう。

月額料金は決して安くはありませんが、通信速度にこだわるならGMOとくとくBB WiMAXのSpeed Wi-Fi 5G X12がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X12」のスペック

キャリアau
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金初月:1,089円
翌月〜12ヶ月:3,784円
13〜35ヶ月:4,334円
36ヶ月以降:5,104円
最大接続台数16台
通信速度下り最大3.9Gbps
上り最大183Mbps
端末代金27,760円
キャッシュバックあり(30,000円キャッシュバック)

2.楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」

楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」

続いてご紹介するポケットWi-Fiは、楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Cです。

Rakuten WiFi Pocket 2Cはデータ容量無制限のポケットWi-Fiで、月々の利用料は使ったデータ容量で決まります。

使わない月は料金を抑えられるため、経費を抑えたいフリーランスにも最適です。

気になる通信速度は下り最大150Mbps、上り最大33.8Mbpsと、GMOとくとくBB WiMAXには敵いません。

しかし、3,000円台という価格帯でデータ容量無制限で利用できるのは大変魅力です。

ポケットWi-Fiでありながら、最大接続台数が16台であるのもポイントといえるでしょう。

さらに、現在Rakuten WiFi Pocket 2Cの端末代金が1円になるキャンペーン中です。

お得なこの機会に、Rakuten WiFi Pocket 2Cを検討してみてください。

楽天モバイルのポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket 2C」のスペック

キャリア楽天
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金3GBまで:1,078円
3GB〜20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
最大接続台数16台
通信速度下り最大150Mbps
上り最大33.8Mbps
端末代金7,980円がキャンペーン1円
キャッシュバックあり(端末が1円で購入できるキャンペーン)

3.カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi NEXT 5G X12」

カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi NEXT 5G X12」

カシモWiMAXは、料金が比較的高いWiMAXの中でも最安値クラスのポケットWi-Fiを提供しています。

利用できる端末はGMOとくとくBB WiMAXと同じ「Speed Wi-Fi 5G X12」で、データ容量無制限の高速回線の利用が可能です。

カシモWiMAXでは端末代金が実質無料となっています。

契約時に36回の分割払いを選択すると、36回分の分割払いサポートが受けられます。

分割払いサポートを受けられるため、端末の分割代金を相殺し端末を実質無料で利用が可能です。

さらに、カシモWiMAXの月額料金は初月料金1,408円を除き、その後4,818円からずっと変わりません。

オプションプランの加入もないため、シンプルな料金で利用できます。

カシモ WiMAXのポケットWi-Fi「Speed Wi-Fi NEXT 5G X12」のスペック

キャリアau
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金4,818円
最大接続台数16台
通信速度下り最大3.9Gbps
上り最大183Mbps
端末代金71,280円→実質0円
キャッシュバックあり(Amazonギフト券14,000円プレゼントキャンペーン)

4.AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U3」

AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U3」

AIR Wi-Fiは、最大100GBの容量が月額3,245円で利用できるポケットWi-Fiです。

AIR Wi-Fiは、通信大手3大キャリアであるdocomoとau、そしてSoftBankの通信回線が利用できます。

3つの回線が使えるクラウドSIMであるため、対応エリアが広くポケットWi-Fiのデメリットである通信の不安定さの解消が可能です。

30日間のお試しレンタルができるため、契約前に使い勝手を試せるのも魅力でしょう。

AIR Wi-FiのポケットWi-Fi「U3」のスペック

キャリアドコモ・au・SoftBank
データ容量100GB
契約縛り1年
月額料金3,245円
最大接続台数10台
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
端末代金0円
キャッシュバックあり(30日お試しキャンペーン)

5.THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」

THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」

THE Wi-Fiは、クラウドSIMと呼ばれる通信大手3大キャリアであるdocomoとau、そしてSoftBankの通信回線が利用できるポケットWi-Fiです。

月々100GBもの大容量のデータ容量が3,828円で使用できるTHE Wi-Fi100GBプランのほかに、使ったデータ容量で月額料金が決まるTHE Wi-Fi Fitプランがあります。

THE Wi-FiではTHE Wi-Fi100GBプランに限り、3ヶ月間利用料が無料になるキャンペーンを実施しています。

さらに、通信機器である「NA01」は端末レンタルサービスがあり、端末価格は2年契約で無料です。

3大キャリアの通信回線が利用できてこの価格は最安値クラスといっても過言ではありません。

費用を抑えたい人は、ぜひTHE Wi-Fiを検討してみてください。

THE Wi-FiのポケットWi-Fi「NA01」のスペック

キャリアdocomo・au・SoftBank
データ容量100GB
契約縛り2年契約
月額料金3,828円
最大接続台数10台
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
端末代金(レンタル)無料(2年以内の解約で違約金10,780円)
キャッシュバックあり(3ヶ月無料キャンペーン)

フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーター5選

フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーター5選

最後に、フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーター5選をご紹介していきます。

今回ご紹介するホームルーターは、以下の通りです。

【おすすめのホームルーター】
  • ドコモのホームルーター「home5G」
  • UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 
  • ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」
  • カシモ WiMAXホームルーター「L13」
  • 楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」

それぞれの料金プランや特徴について、詳しく解説していきます。

1.ドコモのホームルーター「home5G」

ドコモのホームルーター「home5G」

初めにおすすめする引っ越しが簡単なホームルーターは、ドコモのホームルーター「home5G」です。

home5Gは2021年8月より提供が開始された5G対応のホームルーターで、工事不要でドコモの高速回線が利用できます。

通信速度の速さに定評があり、4Kのストリーミング再生でもサクサク視聴できるなどの口コミが見られました。

月額料金は4,950円、データ容量は無制限です。

高速回線をどれだけ利用しても4,950円であるため、月々のデータ使用量が多いフリーランスの人に大変おすすめといえるでしょう。

ホームルーターを新規契約する際には多くの場合契約事務手数料が発生します。

しかし、ドコモのオンラインショップ経由で購入すると契約事務手数料が発生しないため、初期費用を抑えられるでしょう。

契約時に発生する諸費用を抑えたい人は、ぜひドコモのhome5Gを検討してください。

さらにhome5Gは、ドコモのスマホと契約すると「home5Gセット割」が適用となります。

契約している各携帯回線の月額料金から永年最大1,100円割引されるため、ドコモのスマホをお持ちであればお得に利用が可能です。

ドコモのホームルーター「home5G」のスペック

キャリアドコモ
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金4,950円
最大接続台数64台
通信速度5G:下り最大4.2Gbps上り最大218Mbps
4G:下り最大1.7Gbps上り最大131.3Mbps
端末代金71,280円
キャッシュバックあり(15,000円)

2.UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 

UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 

続いて、UQ WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME5G L13をご紹介していきます。

Speed Wi-Fi HOME5G L13は通信の最大速度が4.2Gbpsの高速ホームルーターで、2023年6月に発売されたばかりの新規格です。

WiMAXエリアに加えてauエリア4G LTEと5Gの回線も使えるため、3つのネットワークをデータ容量無制限で幅広く利用できます。

端末をコンセントに差し込むだけですぐに使用できるため、引っ越しが簡単なホームルーターを探している人におすすめです。

安定した高速回線を求める人には、UQ WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME5G L13がおすすめといえるでしょう。

UQ WiMAXのギガ放題プランを選択した場合auもしくはUQモバイルのスマホとセット契約でスマホ料金が最大1,100円割引になります。

現在auやUQモバイルでスマホを契約している人は、セット契約でお得にホームルーターを手に入れてください。

UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 のスペック

キャリアau
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金4,950円
最大接続台数32台
通信速度下り最大2.5Gbps
上り最大286Mbps
端末代金27,720円(17,280円のキャッシュバックキャンペーンあり)
キャッシュバックあり(端末代金キャッシュバックキャンペーン)

3.ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」

ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」

ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」は、5G通信に対応した新端末です。

2021年に提供をスタートし、前モデルのAirターミナル4nextと比較すると通信速度が格段に上がっています。

上りの速度は非公開ですが、下りは最大2.1Gbpsとなっており、光回線と比較しても遜色ない回線速度がでているといえるでしょう。

Airターミナル5は端末をコンセントに差すだけで利用可能なため、届いたその日から高速インターネット回線が利用可能です。

引っ越しが簡単なホームルーターを探しているフリーランスの人にとって、最適なインターネット環境でしょう。

ソフトバンクエアーには契約期間が設定されていないため、面倒な縛りなしで好きな時に解約できます。

契約期間に縛られたくない人は、ぜひソフトバンクエアーのホームルーターの導入を検討してみてください。

ソフトバンクエアーのホームルーター「Airターミナル5」のスペック

キャリアSoftBank
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金5,368円
最大接続台数128台
通信速度下り最大2.1Gbps(上りは非公開)
端末代金71,280円
キャッシュバックあり(月額料金が6ヶ月目まで1,980円)

4.カシモ WiMAXホームルーター「L13」

カシモ WiMAXホームルーター「L13」

続いてご紹介する引っ越しが簡単なホームルーターは、カシモ WiMAXの「L13」です。

UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME5G L13」 と同機種で、通信速度は最大4.2Gbpsと光回線に劣らない高速回線が利用できます。

ホームルーターを契約するにあたって、最大のネックとなるのが端末代金の高さです。

しかし、カシモWiMAXでは契約時に36回の分割払いを選択すると、36回分の分割払いサポートが受けられます。

端末代が実質無料となるため、初期費用を抑えたい人におすすめといえるでしょう。

ホームルーターの月額料金にありがちな必須なオプション加入などはなく、シンプルな料金プランであるため、ホームルーターが初めての人にもおすすめです。

カシモ WiMAXホームルーター「L13」のスペック

キャリアau
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金4,818円
最大接続台数32台
通信速度下り最大4.2Gbps
上り最大286Mbps
端末代金27,720円→実質0円
キャッシュバックあり(Amazonギフト券14,000円プレゼントキャンペーン)

5.楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」

楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」

最後にご紹介する引っ越しが簡単なホームルーターは、楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」です。

Rakuten turboはデータ容量無制限で利用できるホームルーターで、1年目の利用料金が月額1,980円と破格となっています。

SPUによって楽天ポイントが貯まりやすくなるため、楽天関連のサービスを利用している人におすすめといえるでしょう。

通信速度の満足度も高く、契約縛りもないため快適に利用できます。

その一方で、Rakuten turboにはキャッシュバックやセット割などの特典はありません。

3年間ドコモのhome5GとRakuten turboを利用した場合で計算すると、ドコモが166,450円、楽天が177,540円と1万円以上の差がついてしまいます。

最初の1年は最安クラスですが、数年単位で計算してお得かどうか判断しましょう。

楽天モバイルのホームルーター「Rakuten turbo」のスペック

キャリア楽天
データ容量無制限
契約縛りなし
月額料金1年目:1,980円
2年目:4,840円
最大接続台数128台
通信速度下り最大2.14Gbps
上り最大218Mbqs
端末代金41,580円
キャッシュバックなし

引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiを利用してフリーランス業務の効率化をしよう

引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiを利用してフリーランス業務の効率化をしよう

当記事では、フリーランスにおすすめの引っ越しが簡単なホームルーターやポケットWi-Fiについて解説しました。

フリーランスにおすすめのWi-Fiは、作業場所にとらわれないポケットWi-Fiやホームルーターです。

中でもドコモのホームルーターである「home5G」の評判は高く、工事不要で手軽にドコモの高速回線が利用できます。

法人契約も可能となっており、全国のドコモショップでサポートも受けられるため、これからWi-Fiを契約する人はぜひ検討してみてください。

この記事を書いた人
フリーランス歴20年以上
隆盛

東京都在住、フリーランス歴20年以上。

フリーランスとして独立を目指す人向けに情報を発信していきます。

「これで安心してフリーランスとして独立できる!」となるよう、一生懸命記事を執筆していきます。

隆盛をフォローする
準備編
隆盛をフォローする
フリーランスの道しるべ|DoCoMo2.0世代の挑戦

コメント

タイトルとURLをコピーしました